Connichi 2019 閉会イベント [Kongress Palais Kassel]

日程の都合で残念ながら不参加でしたので、
ここではイベント模様のURLを載せておきます。

 

Connichi 2019 堀江由衣サイン会 2回目 [Kongress Palais Kassel]

f:id:WAD:20190907152201j:plain

2日目は土曜日ということもあり、前日よりも人が多かったですけど、
異常に厳しい日本のイベント環境に生きる我々にとっては児戯みたいなもの。
まぁ要は楽勝でした。


これを出すべきかどうか迷ったんですけど、やはりこんな機会はそうないんで、
2回目のサイン会では、大切な想い出の写真にサインを入れて頂きました。
あの時の想い出話も少しだけ出来たし、
一生の宝物がより尊いものになって胸が一杯です♪


後悔はしたくなかったし、やはりこれにして大正解でした。


ほっちゃんの衣装は、清楚な半袖の白ブラウスに、緑系のロングスカートで、
前日よりもセクシー控えめな、とても乙女チックな装い(;´Д`)


(;´Д`)ハァハァは控えな分、萌え度は爆上がりで、俺氏無事撃沈(〃∇〃)
サイン会終了直後の俺は、絶対に気持ち悪すぎる顔をしていたに違いないw


日本語が通じる方々が多かった事もあり、イベント前後や列並び中に、
本田透コスのイギリス人女性(実はAqoursファンでもあるらしいw)、
ドイツ人のプロイラストレーター、フランス人の黒人男性、
ベルリンに留学中の韓国人、ミュンヘンに留学中の日本人といった面々と、
様々な異文化交流も出来たんで、ホント忘れられないドイツ遠征になりました♪

Connichi 2019 堀江由衣Q&A [Kongress Palais Kassel]

f:id:WAD:20190906094100j:plain

それほど苦労することもなく最前センターを(σ・∀・)σゲッツ!!
というか、席を確保して頂き有り難うございましたm(_ _)m
2日続けてこんな神席でほっちゃんを見れるなんて幸せ過ぎます(>_<)


お約束の「私は17才です」からイベントはスタートし、軽くトーク
あまりに寒かったんで、H&Mで洋服を買ったほっちゃん
最高でも18度くらいで、朝晩は10度以下になるんで、まぁ無理もないですよね。
まだ晩夏のはずなのに、ドイツのこの寒さには、自分もビックリしました。


カッセルは、Super kawaii !!
まずは司会の女性が、ほっちゃんに質問していく形式で。


★なぜ歌手デビューしたのか?
あの時代、女性声優の歌手デビューが一般的になってきていて、
自分が望んだというわけではなく、自然とやるようになった。
平たく言うと、断れなかったw


★洋画の吹き替えについて
原音に釣られて、たまに「ハロー!」って言っちゃうことがあるw


★特に気に入ってる役
可愛いヒロインと思いきや、突然悪者に豹変するような役は印象に残っている。
最近だと王様ゲーム、古くはプリーティアかな?
(┃ヮ┃)「キヒヒヒッ!」みたいなで、ほっちゃんの悪役声が聴けた(^ν^)
それを通訳のお姉さんにもやらせようとするドSほっちゃんが発動w
しかもダメ出しまでするしw


★活動休止を考えた事はないか?
(┃ヮ┃)「everytime‥‥」
声優は東京に居ないと出来ない仕事なんで、
この街に住みたいなぁ~と思うことはよくあるほっちゃん
ニュアンスも含めて、通訳のお姉さんに(┃ヮ┃)「伝えて!伝えて!」と
けしかけるほっちゃんが面白かったw
とにかく、なんだかんだ活動を続けてくれて(ついでに独身を貫いてくれて)、
ホントに有り難うございます(>_<)


ここからは客席の大きなお友達が直接ほっちゃんに質問!
最前付近は日本からの遠征組が占めていたけど、さすがにここは自重。


★アフレコの違いについて
アニメは何人か集まって収録するのが普通だけど、
ゲームは一人もくもくと分厚い台本を格闘することになると、
その厚みを身振り手振りで表現するほっちゃん


★最近の若手声優に言いたいこと!
(ラブライブ!とか)ユニット活動が出来て羨ましい!w
やれる仕事をやれる時にやりましょう!と若手声優に物申すほっちゃん
(┃ヮ┃)「私はどこか(ユニット)に入れるように頑張ります」w
ほっちゃんラブライブ!にも熱視線を送っていた事が判明しますたw


★永遠の17才の秘訣は?
(┃ヮ┃)「バリバリ加工する」w
身も蓋もない事をw
この仕事を始めて20年経つけど17才のほっちゃん


★それが声優の本人役と実際の堀江さんは同じ感じなのか?
だいたいホントw
(ドジっ子やメロンパンのくだりを含む)


定番のキャラ声をやってくださいもいくつかあって、
うみねこのなく頃にの、(┃ヮ┃)「うー、うー!」を良かったけど、
キューティーハニーの、(┃ヮ┃)「キャアァァァ~~~~っ!!」を
通訳のお姉さんにもやらせようとするドSモードほっちゃんが面白かったw
しかも結構上手いしw


ワゴンちゃんのスーツアクターは、ピンクの人と同じという新情報も。


★よく頼まれる台詞は何ですか? ぶっちゃけウザくない?w
(┃ヮ┃)「うぐぅ~」
ブラック羽川の有名な早口言葉
「斜め七十七度の並びで泣く泣くいななくナナハン七台難なく並べて長眺め」を
通訳のお姉さんにもやらせようとするドSほっちゃん
さすがに難易度が極悪すぎて上手くいかなかったけど、
翌日の閉会式でリベンジするとの約束を取り付けるほっちゃん


トークイベントはここまで。
通訳を挟むとどうしてもテンポが悪くなりがちだけど、
その通訳をイジって場を和ませつつ、テンポの悪さを感じさせないほっちゃんは、
すっかり海外イベントもお手のもののように見受けられました。

Connichi 2019 堀江由衣サイン会 1回目 [Kongress Palais Kassel]

f:id:WAD:20190907154538j:plain

とっても日本語がお上手なイギリス人の本田透くんを、
ほっちゃんサイン会場まで案内してあげました。(なんのこっちゃw)


ゆる~く30分前に並ぶだけでサイン会に参加できる海外案件はホント有り難い‥‥
しかも圧迫面接方式じゃないんで、順番を待っている間もずっと、
美しいほっちゃんを近くで眺めている事が出来ました(;´Д`)


好きな私物にサインを入れてもらえる海外イベント仕様だったので、
いろいろ迷いましたが、伝説のポケモンにサインを入れて頂きました。
うちわを見た瞬間、(┃ヮ┃)「伝説のポケモンだ~♪」って言ってたし、
やっぱりほっちゃんの中でもそのイメージがかなりデカイみたいw


言うまでもなく、もちろん知り過ぎるくらい知ってるけど、
間近で見るリアルほっちゃんの可愛さは圧倒的です(>_<)


ほっちゃんの腕はホント細くて白くて華奢で綺麗で、
それだけでも惹き込まれてしまいそうでした(>_<)


ほっちゃんの衣装は、ノースリーブに近い茶色いワンピースで、
珍しくボディラインが出るお洋服だったので、
控えめに言ってもうたまりませんでした(;´Д`)
(ほっぱい的にも)


ドイツ人の女性コスプレイヤーにドイツ語を英語に訳してもらい、
冒頭の本田透コスの子に英語を日本語に訳してもらえたので何かと助かった。
まぁ親切にしとくと、こういう役得もあるよね。

Connichi 2019 オープニングショー [Kongress Palais Kassel]

f:id:WAD:20190906160639j:plain

開場して真っ先にメインホールへと向かい最前列(σ・∀・)σゲッツ!!
したのも束の間‥‥どうやら関係者と思われていたらしく、
3列目までは関係者席とのことで、泣く泣く4列目へと移動しました。
まぁコミュニケーションが難しい海外あるある話ってやつです。


イベント開始の少し前に、ほっちゃーん! ほ、ほぱーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!!
ノースリーブに近い茶色いワンピース姿のほっちゃんが入場!
そのまま最前列上手側の席に座る。
斜め後ろから、ほっちゃんの美しいロングヘアや横顔を眺められる幸せ(〃∇〃)
この一般客との垣根の薄さが海外イベの良さですね(*^^*)


ほっちゃんは2~3分ほどの挨拶の時だけステージに登壇。
話した内容はこんな感じだったかな。


・ドイツ語で「私は17才です」と自己紹介して客席から笑い声がw
・ドイツにはクリスマスマーケットで2回ほど来た事がありますけど、
 どの街も可愛らしくて人も親切♪
・カッセルの家賃を調べてみたら住めそうだったので皆さん優しくしてくださいw


なお本記事のトップ写真は、ほっちゃんが座っていた椅子です(;´Д`)

ほっちゃんドイツ旅行記①

強引に夏休みをブチ込んで、ほっちゃんに会いにドイツまで行ってきました!
最終目的地は「Connichi 2019」が開催されたカッセルというドイツ中部の都市。
空港もあるし、日本でいうと地方の県庁所在地レベルの街かな?

www.connichi.de最寄りの国際空港はフランクフルトにあり、日本からの直行便も出てるんだけど、
予算の都合で今回はベトナム経由でのドイツ入りとなりました。
アオザイに身を包んだ客室乗務員に釣られたのも、ちょびっとだけあるw
まぁ最初は「オーッ!」と思ったけど、わりとすぐ感動は薄れてきたけどね。

f:id:WAD:20190904151028j:plain

途中ホーチミンでコーヒーブレイク♪
ベトナムといえばコーヒーのイメージがあったんで。

f:id:WAD:20190904202158j:plain
ホーチミン着陸時は日の入り直後の時間帯だったんだけど、
上空から街並みを眺めていたら、道路を走るバイク率の高さにビビった。
噂には聞いていたけど、誇張抜きに車両の8割以上がバイクだったと思います。

f:id:WAD:20190904234803j:plain

そこからフランクフルト行きの便に乗り換え、ヨーロッパを目指す。
インド→カスピ海黒海ルートだったんだけど、深夜に一際明るい光を放つ、
トルクメニスタンの首都アシガバートの夜景が印象的でした(о´∀`о)

f:id:WAD:20190905061102j:plain

ゆる~い入国審査と、ドイツ語の自動券売機に四苦八苦しつつ、
何とかフランクフルト中央駅に到着!
大都会の真横に広大な森ってのは、いかにも欧州って感じがしました。

f:id:WAD:20190905081952j:plain

f:id:WAD:20190905081658j:plain

ということで、さっそくフランクフルトの街を観光です♪

f:id:WAD:20190905100417j:plain

ドイツが誇る文豪ゲーテの生家らしいです。
まぁ正直ふーんって感じ。

f:id:WAD:20190905101453j:plain

f:id:WAD:20190905101202j:plain

f:id:WAD:20190905101120j:plain

クリスマスマーケットが開催される有名な観光スポットらしいです。
ほっちゃんも興味ありそうなんで押さえてみる人w
いかにもドイツ感を味わいたい人はどうぞって感じかな?

f:id:WAD:20190905102724j:plain

まぁでも何気ない街並みだったり。

f:id:WAD:20190905125451j:plain
欧州的な古い建物と近代的な高層ビルが共存してるとこが
フランクフルトの真の見所な気もします。

f:id:WAD:20190905102539j:plain
フランクフルトの大聖堂でも、天使の生をもらえるのかな?w

f:id:WAD:20190905111012j:plain
そして待望の‥‥
本場ドイツのクラフトビールだぁぁぁぁ〜〜〜〜っっ!!
オーソドックスなヴァイツェンだけど、500mlで5.2€(約600円)は安い!

f:id:WAD:20190905114032j:plain

続いてランチメニューとドゥンケル(400ml 4.4€=約510円)を注文♪
海外に行っても昼ビールは最高っスな(*´∀`*)

f:id:WAD:20190905122401j:plain

近くの大きな広場に屋台がたくさんあったんで、
迎え酒にフランクフルト名物のりんご酒♪
アルコールは10度ちょっとあるはずなんだけど、すごく飲みやすくて、
実際現地の人はランチのお供に飲んでました。

f:id:WAD:20190908101519j:plain

f:id:WAD:20190905141526j:plain

フランクフルト観光は一旦ここまでにして、
ICE(ドイツ版の新幹線)に乗ってカッセルへ向かうぜ( ・`ω・´)
2等席でも広々とした6人相席の個室だったんで、充分快適でした♪

f:id:WAD:20190905151349j:plain
ドイツの草原は美しい‥‥

f:id:WAD:20190905153744j:plain
そして遂に、ほっちゃんイベント開催の地カッセルへ到着!
ということで、続きはまた今度の機会に。